お金 キャッシング

消費者金融に関する事で

2010年6月に貸金業法が完全施行されまして、消費者金融業界は大きな変化出てきています。大手の金融業者ですら、利息の過払い問題により自力での経営が難しくなり、大手銀行の傘下に入らざるを得なくなりました。

 

改正後の利息は最高限度でも20%ですから、過去に長年請求してきた利息とは大幅に低くなりました。業務運営は過去の延長線上でやっていては支障が出てきてしまいます。

 

今後は独自のビジネスとしての展開を考えていかないと、淘汰されてしまう運命にあると言っても過言ではありません。

 

しかし消費者金融は長い歴史もあり、今では若い人達には結構定着していることもあるので、高利で利息を取って儲けるのではなく、金利以外でも自社の独自のサービスを開発して、粘り強く生き残りの道を追求していってもらいたいと思っています。

 

地道に努力して真面目に取り組む限り、消費者からも支持がなくなることはありません。是非再出発の気持ちで挑戦していってもらいたいと国民の一人として願っています。

 

 

お金を借りる方法

フリーターの息子が消費者金融からお金を借りて独り立ち

離れて暮らしているフリーターの息子が急にお金をせびってくるようになりました。

 

1人暮らしをしているので金銭的に厳しいらしいのですが我が家も余裕がありません。

 

 

 

親としては自分の収入の範囲でやりくりしてほしいというのが願いです。

 

甘やかしても本人のためにはならないと判断して突き放すことにしたのです。

 

 

 

すると自分で消費者金融から借りてこつこつと返している様子なんです。

 

こちらには何も言ってこなくなったのでいいのですが今はフリーターでも借りられることに驚きました。

 

私の時代なら定職につかないでいるとお金を借りるのも難しかったのですが今は多様化されているのらそうと予測できます。

 

 

 

息子がお金が必要になったのは結婚を考えている彼女の影響なのです。

 

一緒に暮らすにはお金がかかるのでこれを機会に正社員への道も模索している様子。

 

消費者金融から借りたお金で面接などの活動資金にあててもらい物事が全てうまくいってくれることを願っています。

柱に足をぶつけて骨折した

先月のことですが、友人とプロ野球の試合を観戦しに行く約束をしていたのです。その日の午前中は仕事があったので会社に行き、手際よく終わらせて自宅に帰って、急いで準備したのです。

 

 

 

私の車で友人を拾って高速道路でノンストップで行けばギリギリ試合開始に間に合うのです。シャワーのお湯を出しながらシャンプーをしていたら、電話が着信したので小走りでスマホを取りに行ったら..「ゴン!」と大きな音が鳴って足に激痛がはしったのです。

 

 

 

あまりに痛すぎて動けずにうずくまっていたら、足の小指が大きく腫れていたので、野球観戦はキャンセルして病院に向かったのです。すると..見事に足の小指が骨折しているのです。

 

 

 

その時には、手持ち現金が全く無かったのでキャッシングで治療費を支払ったのです。ちょっとした不注意ですが、まさか骨折するとは思わなかったので驚いたのです。

 

 

 

たいした治療はしていないように思ったのですが、治療費が高いのも意外でした。キャッシングで借りることができなければ、大変なことになっていたと思うのです。